社団法人(非営利)

日本ポダイアトリック協会(JPA)

                                                    Japan Podiatry Assosiation
 

お気軽にお問合せください

0297-85-4542

自分の足のチェック方法

自分の足のチェック方法

こおの項では、自分の足のチェック法をお伝えしたいと思います。

はじめに足にタコや魚の目、外反母趾、扁平足などの人は論外となります、その時点で足の構造に問題があり症状が結果として出ています。すぐに足の専門医で受診してください。

自分では足は健康だと思っている方でも、この項の記事を読まれ、なんだそういう事なのかと気づいいていただければ幸いです。

一番簡単な自己診断

まず、はだしになり平らなフローリングか床の上に自然体の歩幅で立ってください、そして、目を閉じ足の感覚を研ぎ澄ませてください、目を閉じて今足のどの部分で立っているか、どこに力が入っているか感じてください、そうすると、足のどの辺に力が入っているのか、力がかかっているかが少しだけでも理解していただけたら、幸いです、理解する事が目的なのです。

では次に立位でやはり自然に立ってください、そして片足で立ち片方の足を同側の手でつかみ踵をお尻に着けてください、そして、グラグラしなければ合格です、もし、フラフラするようであったなら、貴方の足は正常ではないと思ってください、これが出来ないと正常の歩行は行われません。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0297-85-4542

受付時間:月曜9:00〜17:00(土曜、日曜、祭日を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0297-85-4542

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

川股 和博

足医学を普及させるためにお互いにがんばりましょう、私もまだまだかけだしです。

代表者ごあいさつ