社団法人(非営利)

日本ポダイアトリック協会(JPA)

                                                    Japan Podiatry Assosiation
 

お気軽にお問合せください

0297-85-4542

トップページ

第10回バイオメカニクス・セミナーのお知らせ
日時 2019年1月27日

  • 場所 茨城県龍ヶ崎市寺後3635番地(株式会社Top-Run)
  • 日時 1月27日 初診の診方、処方箋インソールの処方の仕方
  •         STJ関節XYZ軸の勉強、前足部回内外の診方
  • 講師 Dr,Hong Liu USA ポダイアトリスト、決定
  • 講師 Michael Kinney USAトレーナー,Metasacanの使いかた新バージョン
  • 通訳 David harding  カナダ人
  • 参加費 一般の方、20.000円、代理店の方10.000円
  • 定員 15名
  • 現在受付中です、定員になりしだい受付は終了となります。

第11回バイオメカニクス・セミナーのお知らせ
日時 2018年07月08日

  • 場所 茨城県龍ケ崎市アイガーデン下平
  • 日時 07月08日 Orthoticの処方
  •    アメリカの足医学の実情、歴史など
  •    バイメカニクス応用 午前 09:00~午後5時まで(昼食休み1時間)
  • 講師 Dr,Koji・Kawamata オーストラリア・ポダイアトリスト
  • 参加費 20日のみ、1名25.000円(契約代理店20.000円
  • セミナー終了いたしました。
  •  

JPAの目的
1)足医学を普及啓蒙すること
2)バイオメカニクス・セミナーを開催する事で普及
  浸透させる事。
3)足医学の学術研究
4)営利を目的としない純粋な協会であること
5)すべての人が健康でいられるお手伝いをする
  こと。

日本ポダイアトリック協会(JPA)へようこそ

代表の川股 和博です。

足病学・ポダイアトリストのための 日本ポダイアトリック協会へようこそ。

当協会では本物のポダイアトリック(足病学)を普及発展する為に発足いたしました、足医学について情報発信と共に、セミナー情報などをお知らせしてまいります。日本の足医学は先進国と比較すると20年は遅れています、足医学を日本でスタンダードにする為にあらゆる方法でボトムアップをしなければと責任感を感じます。

足病学にご興味をお持ちの方は、ぜひご覧になってください。

ポダイアトリックとは

ポダイアトリック大学の卒業証書です。

ポダイアトリックとは、足の専門医を指します、ただ、この資格は日本では取得できません、北米系かオセアニア系のバイオメカニクスの大学を卒業し足医師の国家試験をパスしてはじめて足医師となることができます。日本ではまだまだ馴染みがなくポダイアトリストは2名しか存在しません。仕事の内容は多岐に渡り大手のシューズメーカーのアドバイザーをしたり、個人で開業したり、病院に勤務医として勤めている医師も多くおります。

簡単に説明すると足医師の事をポダイアトリストと呼びます。残念な事に日本の足医学は信じられないくらい遅れております、先進国から20年は遅れていると言っても過言ではないでしょう、原因としては日本医師会が強いこと、閉鎖的な面、文化や歴史の違い、農耕民族と狩猟民族の違い、鎖国という特殊な事情など、しかし最近になってやっと少しですが足の重要性が理解され始めている事はうれしい事ですが、たちの悪いマユツバ物が氾濫していることを危惧しております、どうかこの機会に日本足医学協会にご入会いただき足の勉強をするきっかけをつくるお手伝いをさせていただければ

と考えております、非営利ですので入会金などは無料となります、しかしカンムリが無いと日本の国はあまり信用されませんので近い将来社団法人化する予定でおりますが、基本的には非営利団体です。

入会資格について

医療従事者、スポーツ店、トレーナー、PTのかたなど、書類選考、

面接、ポダイアトリスト(足医師、外国の)のセミナーを受講しないと入会はできません。

 

足病医の権威者Drランガー氏と

詳しくはこちらをクリック

ポダイアトリックとは

他団体

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0297-85-4542

受付時間:月曜9:00〜17:00(土曜、日曜、祭日を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0297-85-4542

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

川股 和博

足医学を普及させるためにお互いにがんばりましょう、私もまだまだかけだしです。

代表者ごあいさつ